2016年09月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加
さて三日目最後の一日だ。
昔はひと月ふた月単位で旅していたけど
今じゃ二泊三日なのが、大人の事情であるな!

私が知床ウトロでアルバイトしながら夏を過ごしたのは
もう30数年も昔のことで、19,20歳と23歳の年、3シーズンだ。
そのころこの知床横断道路はまだなかった。

昨日峠を越えたのだが、夕暮れの薄暗い中での走行だった、
それはそれでなかなか迫力のある風景だったが、昼の景色も見ておこうと
もう一度ここへ。
_RSD0255
知床峠からみる羅臼岳
この羅臼岳には 二度登ったことがある。
2度目にちょっと危ない目にもあったけど!

 IMG_1373
ウトロ灯台フレペの滝
あのころよく訪れたのがこのウトロ灯台のある岬、当時はまだ
知る人ぞ知る的なスポットだった。
灯台へ向かう道路の入口を、記憶をたどりながら探したのだが
どうしても見付からない。

二三度往復するうちに、ハタと気付いたのだが
今はここに立派なビジターセンター「知床自然センター」が建っていて
そこから遊歩道が整備されていたのだ!駐車スペースもある。
 そうだ、知床国立公園はいまや世界遺産指定だったなぁ、と改めて感心する始末。
IMG_1381

その後は、懐かしの町を当時の面影をたどって歩き回った。
ただ、当時お世話になった一家は移転してしまっていて、
風の便りの話が少し聞けただけ、というやや寂しい結末ではあった。

でも気を取り直して
最終目的地の網走へ向かう。
IMG_1411
なんかその昔もやった定番の記念撮影をして
網走市の郊外、網走湖畔の町、「呼人」を訪ねる。

ここに一番会いたかった人がいたのだが、その方は
昨年お亡くなりになったことを聞いていた。
これも記憶をたどりつつ、また人に訊ねながら行ってみると
その方の甥御さんという方に会うことができた。

網走湖で漁をしておられるのだが、話し方が穏やかで面影があって
なんだがとても癒される思いであった。
ここから女満別空港はもうすぐだ。
これも昔は東京への直行便はなく、TDAで札幌経由で帰ったものだ。
今回は勿論直行である。

あっという間の三日間だったが、来て良かった。
あの頃は東京から夜行で青森へ、青函連絡船で函館を経て
札幌。そこからさらに各地へさらにもう一日かけて移動したものだ。

空路使えば案外近いんだな・・なんだそうか!
しかもLCCもあるしね、また来よう。
あらためてそう思う初秋の旅でした。

じゃあ またね〜

 



 


(23:00)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字