2011年01月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
1955〜1990
nightintunisiaA Night in TUNISIA
〜Vik:1957年4月2,8日
「チュニジアの夜」の作曲はディジー・ガレスピー。
メッセンジャーズの重要なレパートリーとなる
国内では'74年にビクター
よりRCA Jazz Spirit 1,300円シリーズとして発売。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャズという音楽を聴き始めて早々、「チュニジアの夜」(A Night in Tunisia) というちょっとエキゾチックな響きのタイトルに惹かれ、演奏していたアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズというバンド名にもなんだか格好よさを感じた。
早速レコード店でブレイキーの棚を漁ってみると「チュニジアの夜」というアルバムがすぐに見付かり、メッセンジャーズコレクションの最初の一枚となった。定番中の定番「モーニン」Moanin'よりこちらが先だった。続けて同時期のアルバムも順次手に入れながらジャズ入門コースをたどり始めた。
JM1957

(1956年末から1957年秋までの一年間にメッセンジャーズ名義の録音が8レーベルに10枚ほどある。)

しかし!である。
このビクター版「チュニジアの夜」の日本語ライナーノーツには、
「……この時期のメッセンジャーズは「暗黒時代」と呼ばれる低迷期にあった」となっているではないか! 
ア・ン・コ・ク・・ジダイ〜!!!
当時これらの国内盤はほぼ全て廉価シリーズで売り出されていて、購入しやすかったのも事実。
「さてはまがい物の投げ売り、ババ引かされた〜」・・と落胆して見捨てたかというと、実はそうでもなく、繰り返し聞き込んだ。
ひな鳥が卵からかえって最初に見たものを親だと思い込む刷り込み現象、本能行動のようなものだろうか、今でも好きで結構聴いている。

では「暗黒時代」なんて一体誰が何を根拠に云ったのか、というと
云った(書いた)のは、今は亡き油井正一氏その人。
ビクター盤のライナーが動かぬ証拠だ。
メンバーが若手中心で決定的スター不在、録音先レーベルも次々に変わり落ち着いた演奏活動が出来なかったなどというのがその理由となっている。
私は今でも油井さんのファンである。それでもレコードを聴く限り「暗黒時代」はちょいと言い過ぎじゃないの?と思う。
大物批評家も筆が滑ったか、それとも案外、確信犯的な煽りだったかもしれない。確かに行間からは支持するニュアンスが滲み出ている。
ま、いずれにせよもう時効ということだろう。

ジャズ界の名門バンドであり、幾多のスタープレイヤーを輩出し続けたメッセンジャーズ。
その35年の歴史には好不調の波、山も谷もあって当然だろう。
今では油井さんの呪縛も解かれ、ジャッキー・マクリーン、ビル・ハードマン、ジョニー・グリフィンのいたこの時期の録音も、典型的ハードバップの名演奏と再評価されているのが嬉しい。

ホレス・シルバーのいた初期、58年「モーニン」のファンキー時代、ショーターほか3管編成時代、など絶頂期のものついて今更あれこれ言うのは止しておこう。
ジャズの聴き始め、金もなかった私には、安くてありがたかった。この「暗黒時代もの」、ジャズにまつわる個人的原風景にも似た1957年のアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの録音こそ、谷間に咲いた百合のように、今も心に残る傑作ばかりだと思っている。
(同メンバーによる「TOUGH!」のSide1など懐かしさにウルウルしそうなのである、はい。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
nit
A NIGHT IN TUNISIA
〜BLUE NOTE
1960年8月14日
メッセンジャーズの「チュニジアの夜」なら、モーガン、ショーター、ティモンズのこちら
ブルーノート盤が本命か。

ほかにも「クラブ・サンジェルマン」など対抗には事欠かない。
ならば暗黒呼ばわりだったビクター盤は大穴、万馬券ですな!
ちなみに、アート・ブレイキーは、競馬が好きだったらしい・・・・
(アート・ブレイキーに競馬が好きかと訊ねたら〜武市好古1992年てな本もありました)参考まで・・

じゃぁ また


(16:26)

コメントする

名前
 
  絵文字