2009年05月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加
nagahama1
長浜城
別名:今浜城 : 滋賀県長浜市公園町10-10
築城:天正3年(1575年)
城主:羽柴秀吉
昭和58(1983)年再建(模擬天守)長浜城歴史博物館

一週おいて2度目の近江は米原から北へ北陸本線(琵琶湖線)で長浜へ。
信長から北近江を与えられついに城持ちの大名になった木下藤吉郎あらため羽柴秀吉の出世城「長浜城」へ登城。
琵琶湖の水運を利用し、城を中心に商業を発展させるため湖畔に築かれた水城とよべるものでした。
いつもながら再建の模擬天守、歴史を偲ぶアイコンのお城にも登って出世気分を味わいました。
  
 再建天守         秀吉と(石田)三成出逢いの像
nagahama2nagahama5






天守から城下と伊吹山方面    彦根、安土方面
nagahama4nagahama3







harima-2
「〜城を歩く」長浜城での司馬作品は
「播磨灘物語」「功名が辻」
それぞれ黒田官兵衛と山内一豊のおはなしですが秀吉の長浜城とは切り離せません。山内一豊も山崎合戦後この長浜城を譲り受け、一城の主へ最初の足がかりとしました。




城下を歩いてみると旧北国街道沿いの古い商店、町家をそのまま生かしたショップが並び、休日のにぎわいが想像出来ます。nagahama6nagahama8






nagahama7nagahama9






明日は野洲と京都で仕事があるので今夜の宿は大津です。
また琵琶湖線乗って南(京都方面)へ。このところ何度か往復している琵琶湖線ですが、左右の車窓には水田、麦畑が広がりのどかです。
ちょうど田植えが終わり、水を湛えた水田に民家や山の木々、空と雲とが逆さに映り込む景色は日本の原風景をみる思いです。
なんかすっかり滋賀県ファンの写真屋さんです。

じゃぁ また  

(22:18)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字